注目の埋葬方式・自然葬とは

自分が死んだら後に残された人はどうするのだろう、又はお墓はどうしよう、と考える人は意外と多いです。

現代社会では核家族化や少子化により、これまでの家系を重んじた墓の管理体制が維持できなくなってきているためそういった心配が生じてきていると言われています。

日本経済新聞の情報探しををお手伝いします。

そんな人々の注目を浴びているのが自然葬という埋葬形式です自然葬とは石碑を建てたお墓ではなく、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法の総称です。

海や山などにご遺骨をパウダー状にしたご遺灰を還す散骨や、墓域に還す樹木葬、広い意味では風葬や土葬など、日本人が古代より自然と行ってきた葬送の方法です。

最新の自然葬の情報をお知らせいたします。

自然葬のメリットとしては故人の思い入れのある場所に散骨ができる、故人の遺志が尊重できるという面だけでなく、墓守など後継者がいなくても問題ない、一般的な墓地での埋葬より費用を抑える事ができるなどがあります。

もちろん、注意点もあります。

散骨はどこにまいても良いというものではありません。

とくに私有地に許可なく撒いてはいけないですし、住宅地や近所など人が住んでいるところの近辺でまくことも避けた方が良いでしょう。
公有地の山や川、海などに散骨する場合は、しっかりとお骨を粉末状にしておき美しく自然に還すようにしましょう。

散骨の際には人に不快な思いをさせない為、なるべく人目につかないようにしておいた方がいいでしょう。



制約も色々とありますが、自然葬は本来の人間らしい埋葬の仕方といえるでしょう。


大切なのは自分はどのように埋葬してほしいかをしっかりと考えておく事ではないでしょうか。

Copyright (C) 2016 注目の埋葬方式・自然葬とは All Rights Reserved.