散骨するには留意事項があります

昨今は、遺骨を墓に埋めるのではなく、海や山に撒くという散骨を行う事例が目立ってきました。慣れ親しんだ海や山に骨を返すというのは、故人の思いにもかなったものと言える側面はあります。



また、現在、都心部での墓地不足も大きな問題となりつつあり、墓を維持していくことが難しくなってきているとの事情もあるのです。

かててくわえて、古くからの形式や慣習 にとらわれることなく、自分の最期を全うしたいと考える人が増えてきたことも、その背景には潜んでいます。
また、土の下という暗いイメージのあるお墓よりも、美しい海や山の自然に還る印象の強い散骨のほうが、受け入れやすいと考える人も多くなってきました。

従来、法令に反しているか否かで議論も多くありました。

1991年に、関係官庁から、節度をもって行われる限りは違法性はないとの見解が出されました。
しかし、海の沖や空で行う場合は問題がないにしても、海岸近くや漁場、養殖場のある場所は避けるべきでしょう。

また、森の中で遺骨を撒いたところ、その場所が水源地であったことで、地域の住民から苦情が寄せられた例もあります。

海に撒く場合でも、遺骨を細かく砕いてから撒くようにしないと明確に人骨とわかる形で浜に打ち上げられた場合、騒動となる恐れがあります。

最近では、散骨サービスを行う葬儀社もかなり増えてきました。



微妙な問題を含んでいますので、エキスパートに相談しながら散骨を実施するのが賢明です。

47NEWSの総合案内サイトです。

Copyright (C) 2016 散骨するには留意事項があります All Rights Reserved.