自然に回帰するという考え方を持つ海洋葬

人は亡くなったら火葬し、遺骨をお墓におさめたり、お寺に預けたりするのが一般的でした。

しかし、近年はお墓に対する考え方が変わり、お墓に入るのではなく自然に還りたいと考える人が増えています。

あなたに合った条件でジョルダンニュース!の情報を利用しない手はないです。

お墓を持っていない人や、お墓があっても墓守を継いでくれる後継者がいないので墓をしまいたい、もしくは後継者がいてもお墓をつぐときは経済的にも負担がかかるので迷惑をかけたくないとしては墓じまいをする人もいます。


墓じまいをすると、今までお墓におさめられていた遺骨を移動させる必要がありますから、それで海洋葬を選ぶという人もいます。
海洋葬は散骨の一種で、海や川などに遺骨をまいて供養する方法です。

人間も動物や植物など自然サイクルの1つとして考え、自然に還るという意味合いを持っています。ただ海洋葬は、海や川であればどこでも散骨して良いというわけではありません。

自治体によっては、散骨を禁止している場所もあるので、海洋葬を行う前に確認しておく必要があります。
そして他人に迷惑をかけないマナーとして、遺骨はパウダー状に粉骨しておく必要があります。



ひとめで遺骨だとわかる状態であれば、不快な気持ちになる人もいますから、マナーとして粉骨は必ず行います。

身内の遺骨を粉骨するのが気持ち的に負担があるという場合は、業者に依頼するといいでしょう。



専用の機械を使って処理してくれます。


海洋葬は、沿岸から離れたところで撒くために、船やクルーザーなどを貸切って散骨を行うのが一般的です。

Copyright (C) 2016 自然に回帰するという考え方を持つ海洋葬 All Rights Reserved.