近年増えつつある樹木葬

日本では人が亡くなると火葬をして故人の遺骨をお墓に納めることが昔から続いていますが、近年樹木葬と呼ばれる埋葬方法を選択する人が増えてきています。


そんな樹木葬がなぜ最近になって増えてきているのか、その理由について説明します。樹木葬は主に行政から許可を取った霊園や墓地に遺骨を埋葬します。



最近では遺骨を粉骨にして散骨ができる樹木葬もニーズによって増えてきたことから自然葬との境界が曖昧になりつつあります。

このような方法を現代日本で増えてきたかというと現代社会の環境の変化が大きな割合を占めています。



現代日本が抱える少子化や核家族化などの問題によって、これまでと違いお墓の維持や購入が難しくなりました。

そのため故人の希望以外にお墓の後継者になりやすい子どもに迷惑を掛けたくない思う人が多くなりました。

そんなニーズからお墓の継承者がいなくても永代供養をして弔ってもらえる樹木葬が徐々に増加しているということです。

最先端のAll About使いやすさが好評です。

ほかにも家族以外とでも一緒にお墓に入ることができることから、ペットや友人・同姓のパートナーと一緒にお墓に入りたいという人も選択した方法でもあります。

相場も一般的なお墓だと200万くらい掛かるところが高くても80万程度と半分以下の費用のためその安さも人気の一因にもなっています。

このような現代社会の環境やライフスタイルの変化によってこれまでと違った比較的自由のある葬送が増えつつあるということです。

Copyright (C) 2016 近年増えつつある樹木葬 All Rights Reserved.